ショックの大きい引越し後に冷蔵庫や家具が破損!

yasai

引越しで冷蔵庫などの大型家具の運搬後には問題が生じることがあります。
家具の梱包は入念に行なわれますので問題が生じるケースはそう多い訳ではないのですが、時に冷えない・傷が付いた・家屋の床に傷が付いたなどのトラブルが運搬後に発生することがあります。

まず対処の第一歩として行なうべきは、運び入れた直後に問題が無いか冷蔵庫を確認することです。

これは梱包を解く際に傷がないかを確認し、さらに電源を入れて動作の確認を行うことも重要です。

 

やはり作業直後に確認を行い問題が見つかれば作業との因果関係を証明することができますので、壊れていればすぐその場で責任を追及しましょう。

 

こうしたやり方は非常に有効ですので、忙しいさなかでも作業員が引き上げる前に比較的に高価な家具や家電はいずれも残らず確認しておきましょう。

 

この運搬後に壊れたか否かはご自身で申し立てを行う必要があり、基本的には3ヶ月以内に申告を行うよう規約で定められています。

 

ただ時間が経てば経つほど証明が難しいこともあり、当日中に確認し申し立てた方が話が早くなるのです。

 

続いて冷蔵庫の破損や故障が発覚した場合に保険で弁済されるかについてですが、引越し業者は損害保険に加入しており、業者により保険会社は変わる場合もありますが基本的な保証内容は似通っています。

 

ただ一つ気をつけておきたいのは、引越し業者と保険会社の間で互いに責任を擦り付け合い、結果的に保証がうやむやにされるケースがあります。

こうした場合の対処法としては、事前に運搬前の物品の状態について作業員に目視確認をしてもらう旨の特約を付けておくと良いでしょう。

また保険と同様の所ではメーカー保証もありますが、そもそもメーカー保証は普段の生活の範囲で起こる故障に対しての保証ですので、作業中に生じた故障は対象外とされます。

業者の選び方はとても重要で、そちらに付随して料金の確認も必須です。